夜勤で働く看護師について

私は、総合病院で夜勤専従として働いています。新卒で入社後、5年目になります。5年目に入る際、上司から夜勤専従として働かないかと言われ、勤務体制が変更になりました。

上司から打診を受けたとき、最初は嫌だなと思っていました。20代で体力はあると思うし、給料は月収で約10万円上がるのは魅力でしたが、夜勤の大変さを知っていたからです。夜勤はスタッフも少なくなり、2~3人で何十人もの患者さんを看ないといけません。また、容体の急変も夜の場合が多いため、ドタバタしがちです。

考えが変わったのは、先輩からの一言でした。

「夜勤ができるのは看護師として実力がある証拠」

という言葉でした。

臨機応変に素早い処置ができなければ夜勤には入れません。体力と看護師としての力量がないと夜勤には入れないです。夜勤だけの仕事というのは、それだけ上司から信頼されているからとのことでした。

この言葉を聞き、挑戦してみようと思いました。また、ただお金をもらうだけではなく、研修や勉強もしてスキルアップを目指すことにしました。

夜勤専従として働き始めたときは体が慣れるまで大変でしたが、今は夜勤明けの時間を有効に使うようにしています。実家暮らしなので、家族のサポートもあり、頑張って働いています。

ですが、最近やはり 体がきつくなり企業看護師の仕事を知人を介して探しています。

やっぱり夜勤がないのが一番ですから。

体のためにも転職活動頑張りますね!

Comments are closed.